みなさんこんばんは!自由が丘PJ2回目の投稿は私、あきほがお伝えします。普段は住宅設計をしています。

 今回はプレゼン内容を僕としての「視点」で伝えていきたいと思います。




-コンセプト-
知的で洗練された未来あるオフィス。自由が丘の緑道を感じ、もてなしと憩いの空間が訪れる人の記憶に残る。また行こう。「ikoi no ba」

-リクエスト-
・開放的な空間にしたい
・打ち合わせや談笑に使える大きなテーブルがほしい
・外から見てもおしゃれなオフィスにしたい
・手入れが簡単なグリーンを置きたい
・クライアントのデスク席は、他からの視線を遮りたい

 予算200万と工期が限られた中でリクエストに忠実に答えながら、納得のいく提案を追究しました。


 チームkumoでは2プランを提案しました。

 



-プランA「ランドスケープのような大きなテーブルでつながるオフィス」-

 限りある予算の中で何を作り、また何を作らないかを考えた時、オフィスを構成する要素でいちばん大切なのは「テーブル」だと思いました。
 敷地周辺に広がる自由が丘の緑道のように、目的や行為に縛られすぎない、ランドスケープのような自由なテーブルを提案しました。












@ヨシオカタツヒロ さん 提案です。

プロフィール:
 普段は組織設計事務所に勤務し、主に商業施設 やオフィス、庁舎の建築設計や空港ラウンジの内装設計をしています。(ZOOM中の事務所の背景がいつも素敵でした!)



〈設計者の視点〉
 施主プレゼンでは言わなかったですが、実際は発想の転換が必要なPJだなと初見で思いました。当初予算200万円で解体工事込みの内装設計をするという発想では、やれる事は限られるけれど、200万円を使って大きなテーブルをつくる家具工事だと考えれば面白くなるのではと思ったのが最初の着想です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



〈僕の視点〉
 このプランでは用途に囚われない使い方にとても魅力を感じました。住宅設計では極端にリビングの面積が小さくなったりしないので、造作による工夫は思い付きませんでした。
リビングにも暖炉やテレビなど、主役がいます。主役の周りに人が集まる関係性がとても近く、新たなコミュニケーションが想像されました。
 クライアントさんのニーズ、予算、工期、周辺環境など沢山の要素を「大きなテーブル」で網羅している提案のクオリティの高さ、インパクトの強さに圧倒されました。






ープランB「既存空間に寄り添う」ー
 既存空間を活かし、寄り添うように空間を家具で構成し最小限の行為で、最大限の効果を生みだします。
 天井の梁によってエリア分けされた躯体の魅力を活かし一室でありながらも濃淡のある、多様な側面を持った空間となることを目指しました。







@taishimikami さんの提案です。

ープロフィールー
普段は、商業施設 / オフィス / 住宅の設計をさせていただいてます。
縁あって、美容室の設計を主にさせていただいております。

設計事務所をやられていて、写真もとても魅力的です(kumoの女性陣からは黒ラベル王子と呼ばれています)←いつも笑ってお許しいただいております🙇‍♂️


〈設計者の視点〉
設計段階での予算では、室内の仕上げにはあまり手をつけられないと判断して、
天井、壁、床は最小限のしつらえだけ行い、既存空間に造作家具を馴染ませていけたらと考えました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈僕の視点〉
既存の建物やクライアントの意見に対してとても真摯的に感じた案でした。
 このプランではリノベーションの「核」のような部分を知ることができた貴重な機会であったと感じています。天井裏にはそのビルにしか無いようなデザインが隠れていたり、窓周りにはあえて綺麗に付け足したりと、足し引きを自分の物差しで測りながら検討していく、既存の空間に敬意を払うようなこのプロセスがリノベーションらしく、とても印象的でした。









この2プランをプレゼンして選んでいただきました。







結果は•••








 両方やりたい‼︎というお言葉をいただきました🙌✨





ということで、最終的には2プランの良いとこ取りプランとなりました✨
(当初の予算超えの許可までいただけました‼︎)




 この内容でクライアントさんにもOKをいただきました‼︎2月12日着工予定です。



〈僕の視点まとめ〉
僕は今回このP Jに参加して、自分に足りない部分を見つけられた貴重な機会でした。
試験に合格し、来年から1級建築士になります。しかしまだまだ視野が狭いです。
このPJが起点となって、1年後、納得のいく答えが出せるように全力で挑戦していきたいと思います。



 今後も毎日発信予定です!

どうぞ明日からも楽しみにしていてください‼︎
 

 

 

@Makoto
@Hayashi Teppei
@Hiroshi Doiji
@Maya